男組は、昭和49年より約5年にわたって少年漫画誌「少年サンデー」に掲載された熱い血潮のたぎる青春少年漫画である。作:雁屋哲、画:池上遼一のゴールデンコンビによってその物語は形成される。
そのストーリーは壮絶で劇画調のタッチは昨今の軟い漫画にない迫力がある。
このページは「男組」の魅力を余すことなく伝えたいが為、平成15年春誕生した研究ページ「男組考」を元に日本漫画文学研究所の手によってリメイクしたものである。

男組は、熱い血潮の燃え滾る男の中の男の物語である。とうとう二十一世紀に突入し、世間を騒がせている話題といえば、芸能人がくっついたの、はなれたの・・・政治の低廃・・・常軌を逸した事件・・・何かがずれている、何かを忘れている、そんな気がしてならない。

男の生き様

男組はとにかく熱い男達の血潮のたぎる物語である。男達が戦う理由、その熱い生き様を考察してみる。

男の死に様

男組は登場人物が次々と死んでいく、壮絶な物語である。男が命を賭けて戦い抜くその先に次々と消えゆく仲間達の命。男達の死に様について考察してみる。

次々と失う仲間達。それでも前に進み続けるしかない。 流が最後に選んだその結末とは・・・。

広告




男の生き様
男の死に様
広告